建設仮勘定(けんせつかりかんじょう)の仕訳の基礎

たとえば建物や構築物・機械装置などは建設や制作を開始してから実際に事業や業務において使用されるようになるまでに相当の年月が必要となる場合があります。

このように建設中の建物や制作中の機械などに支出した金額については、いったんこれを建設仮勘定(けんせつかりかんじょう)という一時的な仮の勘定に集計しておき、完成し、これを事業で使用開始した段階において建設仮勘定から建物や構築物、機械装置などの固定資産の各勘定に振り替えることになります。

資産グループの勘定科目の仕訳ルールは、増加は左側(借方)、減少は右側(貸方)に記帳することです。建設中の建物に支出した金額などは建設仮勘定の借方に集計し、完成した段階で建設仮勘定の貸方から建物勘定など借方へ振り替える処理を行います。
では、下記の具体例で建設仮勘定の仕訳をご確認ください。

スポンサードリンク

建設仮勘定の仕訳例

1.建設仮勘定の増加

本社ビル(建築金額100,000円)を新設するにあたり、建築業者に手付金として10,000円を現金で支払った。

借方 金額 貸方 金額
建設仮勘定 10,000 現金 10,000

本社ビルの建築費用100,000円のうち10,000円を手付金として支払っています。本社ビル建設のために支出した金額は本社ビルが完成するまで建設仮勘定で管理するため、支出額10,000円を建設仮勘定の借方に計上します。

2.建設仮勘定の減少

本社ビル(建築金額100,000円)が完成し、建築業者に建築金額の合計額100,000円から、手付として既に支払った10,000円を差し引いた残額90,000円を現金で支払い、建物の引き渡しを受けた。

借方 金額 貸方 金額
建物 100,000 現金 90,000
建設仮勘定 10,000

本社ビルが完成し、引き渡しを受けたため、建設期間中の支出額10,000円を建設仮勘定の借方から建物勘定の借方へと振替ます。
なお、建設仮勘定は未だ事業の用に供されてはいないため減価償却を行う必要はないことにご注意ください。

(このページと関連するページ)
固定資産を購入した時の仕訳の基礎
制作中のソフトウェアの仕訳(ソフトウェア仮勘定)

スポンサードリンク