簿記の勉強方法(受験学校・通信教育・独学)

簿記検定を受けようと決意した後で最初に直面するのがこの問題です。
簿記の勉強方法としては、

Ⅰ 受験専門学校を利用する
Ⅱ 通信教育を利用する
Ⅲ 独学で学習する

の3つの方法がありますが、それぞれ一長一短があります。以下それぞれの長所と短所とをまとめてみました。

受験専門学校を利用する

簿記検定は数ある資格試験の中でもトップクラスの受験者数と知名度を誇っている試験ですので、全国各地に簿記検定の受験専門学校があります。TACさんや大原さんなど税理士試験・公認会計士試験でも数多くの合格者を輩出する大手専門学校から、中小の受験専門学校まで多くの学校があります。
gat受験専門学校を選ぶメリットはいろいろあるのですが、何と言っても最大のメリットは受験仲間(あるいはライバル)ができるということです。同じ環境で、同じ試験を目指して机を並べて勉強した仲間は受験が終わった後でも長い付き合いなることもあります。また、仲間やライバルと切磋琢磨してテストの点数を争うことは自分の実力を飛躍的に向上させることにもつながります。
いっぽう、当然ながらデメリットもあります。メリットとデメリットはまとめましたのでご参照ください。

(メリット)
1. 同じ目標を持つ仲間やライバルができる
2. 受験学校のノウハウにより、無駄のない勉強を効率的に進めることができる
3. 制度改正や法律改正など最新の情報をいち早く入手できる
4. 受験に向けてのペースマーカーとして利用することができる

(デメリット)
1. 独学にくらべて表面的なコストが高くなる
2. 時間や場所が制約される
3. 地域によっては受験学校が近くにない場合がある

(おすすめ専門学校)
AVIVAさんは全国規模で展開する資格学校です。TVCMなどでもおなじみで、パソコン教室等で有名ですが各種資格講座を手頃な値段で受講することができます。誰でも気軽に簿記の学習を始めることができます。

AVIVAの簿記経理講座

通信教育(通信講座)を利用する

通信教育や通信講座は受験専門学校を利用する場合と独学で勉強する場合の中間的な学習方法であるといえます。通信教育の最大のメリットは、自分の好きな時間に好きな場所で勉強でき、かつ受験専門学校の教材や試験に関する最新情報を入手することができる点にあります。地域によっては近くに受験専門学校maeがない場合もありますので、そのような方にとっても受験学校のノウハウを気軽に利用できる点は通信以外にはありえません。また、電話やメールなどでわからない点を気軽に質問することもでき、自己解決を求められる独学と比べより効率的な学習が可能となります。通信のメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

(メリット)
1. 自分好きな時間に好きな場所で学習できる
2. 受験学校のノウハウにより、無駄のない学習を効率的に進めることができる
3. 制度改正や法律改正など最新の情報をいち早く入手できる
4. 電話やメールで質問することができ、積み残しなく効率的な学習が可能となる

(デメリット)
1. 独学にくらべて表面的なコストが高くなる
2. 基本的に1人での学習となるため、受験生同士が競い合うことによる相乗効果が見込めない
3. 受験学校とのやり取りにタイムラグが発生する

独学で学習する

独学で学習することによる最大のメリットは、表面的なコストが最も低い事があげられるでしょう。独学の場合、受験料などを別にすれば発生するコストは参考書代程度しかかかりません。一般的に簿記検定3級は独学でも合格可能な試験ですので、独学での勉強を選択するのも一つの方法です(ただし、簿記検定3級の通信講座は1万円程度ですので通信でもコスト差はほとんどありません)。
ただし、簿記検定2級以上を受けられる方に関しては独学はあまりお勧めできません。簿記検定2級であっても多くの方が独学で合格されていますが、簿記という科目の性質上、受験学校などに通われる方が圧倒的に有利となります。なぜならば簿記検定は暗記試験ではなく技術試験だからです。受験学校に通い、多くhatenaの確認テストを受け、受験仲間と競いあうことによって実力は飛躍的に向上します。簿記2級合格の実力を自分だけで独力でつけることは可能ですが、専門学校の受験生と比べて圧倒的に不利な状況にあることだけは認識しておいてください。より多くの時間を費やす事が必要でしょう。その時間コストを考慮すれば専門学校あるいは通信教育の方が実質的なコストは低くなるはずです(このサイトで表面的なコストと実質的なコストを使い分けているのはこのためです)。独学で学習するメリットとデメリットをまとめると以下の通りとなります。

(メリット)
1. 自分好きな時間に好きな場所で学習できる
2. 表面的なコストが割安となる

(デメリット)
1. 1人での学習となるため、受験生同士が競い合うことによる相乗効果が見込めない
2. 不明点や疑問点に関し、すべて自己解決が求められ学習効率は悪くなる
3. 学習期間等を考慮した実質的なコストは割高となる(特に日商2級以上の場合)